本編の前に少しだけ失礼します。アップリズム代表の内田です。前回同様、顧客からよく聞かれる質問に対して「海外の視点」から答えるシリーズです。

海外の就活事情はよく質問を受けることですが、同じくらいよく聞かれるもう一つの質問があります。それは、「日本企業で働きたい人なんているのかな?」というものです。この質問に対する直接的な答えになるかはわかりませんが、当社の様子を一つのユースケースとして紹介したいとおもいます。

今回の記事をかいてくれたメンバーのJudyは最初に日本企業のみなさんが想像しがちなステレオタイプをシェアしてくれています。そのステレオタイプに対して当社はどのように違うやり方をしているのか、ご覧いただけるとうれしいです。

それでは、お待たせしました。台北にいるJudyのBlogをご覧ください。Judy, thank you for your blog. It’s insightful.

———————————-

日本の企業と聞いて、皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか。オーバーワーク?礼儀正しい?トップダウンの経営?トリッキーに見える昇進システム?

私が「日本のスタートアップで働いています」と言うと、きっとその真実は、従来の固定観念とはだいぶ違うものになっているといえそうです。

正直なところ、Uprithmで仕事をする前は、あまり多くの決めつけをしていませんでした。最初は、ただリモートで出来る仕事を探したかっただけなのです。しかし、チームに参加する前は、創業者が日本人だと聞いて、マイクロマネジメントの文化があるのかどうか疑問に思っていました。また、ソフトウェアを使って社員の画面を監視するひどいマネージャーの話を聞いたことがあり、オフィスで働くよりもひどいのではないかと思っていました。幸いなことに、Uprithmにはそのようなことはありません。逆に、物事をやり遂げる限り、自分の時間を自由に使うことができます。ワークライフバランスが取れているのはとても良いことです。それが雇用者と従業員が共に持続可能な関係を築く方法だと思います。また、アップリズムは様々な文化を持ったメンバーで構成されており、異なる側面を受け入れるオープンマインドを持ち、規模を拡大し続けています。

とはいえ、長所もあれば短所もあります。スタートアップで働くのは精神的に疲れるもので、特に初期の段階で参加すると、トンネルの中を走る列車に飛び乗ったようなもので、方向性がわからなくなり、チームメンバーの誰もがトンネルの先にある光がいつ来るのかわからず、保証もありません。この原則はリモートチームにも当てはまります。具体的な仕事のやり方を教えてくれる人や毎日見守ってくれる人がいないかもしれませんし、応募した仕事内容に記載されていないことを頼まれるかもしれませんし、自分の専門分野のメンバーが自分しかいない場合もあります。

しかし、だからといってスタートアップで働くことが怖くて仕方がないというわけではありません。スタートアップは、トップダウンの経営ではなく、フラットな組織であることが多く、一緒に議論したりブレインストーミングをしたりする余地が十分にあり、新しいアイデアをチームに導入しやすく、プロジェクトをより自律的に進めることができ、責任やオーナーシップを持つためのトレーニングにもなります。企業によっては、新規採用時にスタートアップの経験を必須条件としているところもあります。最後に、もしあなたがいつか自分のスタートアップを持ちたいと思っているなら、スタートアップに参加することが最も早く学べる方法です。

いずれにしても、正解はありませんが、それほど難しいことではないのですから、学ぶことをやめず、追いつくことが大切だと感じます。

My experience working at Uprithm – a Japanese startup.

What is the first impression that comes to your mind when hearing about a Japanese company? Overwork? Courtesy? Top-down management? Tricky promotion system?

When I tell people that I’m working for a Japanese startup, I bet the truth is beyond their imagination of a conventional stereotype.

Honestly, I didn’t make many assumptions before I got the job at Uprithm, I just wanted to find a remote one in the beginning. However, before I joined the team, I did have doubts if they have micro-management culture when hearing the founder is a Japanese, I’ve ever heard some horrible managers monitor their employees’ screen using softwares, I’d say it will be worse than working physically in an office; fortunately, Uprithm doesn’t have that kind of disasters, on a contrary, I have a great deal of freedom to use my own time as long as I get things done, it’s quite nice to have a work-life-balance, and I believe that’s how employers and employees can build a sustainable relationship together. What’s more, Uprithm is formed by members from various cultures, having an open mind to accept different aspects, and keep expanding its scale.

Nevertheless, there are pros and there are cons; working in a startup could be mentally exhausted, especially joining one from an early stage, it’s like you hop on a train running in the tunnel, the direction could be confusing, none of the team members have an idea of when the light is at the end of the tunnel, there’s no guarantee; you’ve got to have a strong sense of self-driven and self-disciplined instead of passive attitude, those principles apply to remote teams either, it could be no one to teach you how to do the specific task, or watch over you day in and day out, you probably might be asked to do something that didn’t list up on the job description that you applied for, and oftentimes, you’re the only member in your expertise, you work there to bring values to the table. 

Yet, it doesn’t mean it should be intimidating to work in a startup, there are opportunities and flexibilities out there, it’s often a flat organization rather than top-down management, there’s also plenty of room to discuss and brainstorm together, it’s easier to introduce new ideas to the team, you can have more autonomy of the projects, it also trains you to take responsibilities and ownerships. For some companies, they even take startup experience as a nice-to-have qualification when hiring someone new. Lastly, if you want to have your own startup someday, joining a startup is the fastest way to learn.

Anyway, there’s no right answer, but it’s not rocket science, never stop learning and catch up.