こんにちは!アップリズムの内田です。実は、私たちがよく聞かれる質問の一つに「海外の就活ってどんな様子なんですか」というものがあります。そこで、海外出身の当社メンバーに記事を書いてもらうことにしました

今回ご紹介したいのは「台湾」。早速、当社の台北メンバーのJudyの声を聴いてみましょう。

———–

台湾では、仕事を見つけること自体はそれほど難しくありませんが、良い仕事を見つけるという意味では難しいです。

台湾はテクノロジー、チップ、半導体、OEM製造が有名で、あなたが持っているiPhoneも台湾の企業によって組み立てられています。

悲しいことに、台湾の平均賃金はかなり低いのが現状です。これは極秘でもなんでもないのですが、台湾人の性格のせいか、多くの労働者は他の国の労働者よりも真面目で従順です。つまり、雇用主は低い給料を払って、従業員を最大限に活用できてしまうというのもまた現実です活用することができるのです。何とお得なことでしょう。さらに、台湾には技術系の人材がたくさんいます。台湾人のエンジニアは、日本企業との相性がいいと思います。しかし、その最大の弱点は、国際的な視野の狭さにあると感じていますです。優秀な友人の多くが、語学力に限界を感じているという話を何度も耳にしました。台湾は他のアジア先進国とは少し異なり、改善はしているものの、なぜか社会ではグローバルな多様性が十分に見られように感じますません。

愚痴はここまでにして、早速、就職活動の話に入りましょう。台湾では、多くの学生が大学3年生から最終学年までの間にインターンシップを経験し、卒業後、最初のフルタイムの仕事を探し始めます。104、1111、518は有名な就職サイトで、(名前はどういうわけかすべて数字で、とても面白いですよね!?)ほとんどの中小企業は、これらのサイトに料金を払って求人情報を掲載しています。また、国内外を問わず多くの企業に応募するため、台湾ではヘッドハンティングがあまり人気がありません。聞いたことがある派遣会社も少なく、他の国に比べてヘッドハンティングをしている人はほとんどいません。

私はこの分野の専門家ではありませんが、台湾は地理的に小さく、企業のオーナーは簡単に優秀な従業員に連絡を取ることができ、そのような企業は自社の人事担当者を持ちたがることが多いのではないでしょうか。

最近では、CakeResume、Yourator、Meet.jobsなど、人材紹介分野で急成長しているベンチャー企業もあります。これらのサイトは、より若い世代やベンチャー企業をターゲットにしており、グローバル化やワークスタイルについてより広い視点を持っています。例えば、104ではなく、これらのベンチャー企業サイトでは、リモートオプションを見つけることができます。

ここまでは、台湾のミレニアル世代としての私の個人的な見解ですが、他の多くの人々と同様に、キャリアの目標に向かって奮闘し、前進し続け、仕事の意味の最も深い内面のニーズを本質的に満たすことを望んでいます。労働力に関しては、まだまだ不公平な構造ヒエラルキーが残っています。若い世代労働者として、私たちは経験が不足しているかもしれませんが、私たちは自分の権利を守る方法を学ぶ必要があるのではないかと感じていますります。仕事観について話すならば、仕事を追求することは物乞いではなく、自分の時間とスキルを提供し、その価値を高めることが私たちの仕事であり、その見返りとして、職場と社会のより良いバランスをとるために適切な報酬を得るという考え方をする人が多いですべきなのです。私たちは努力していますし、努力しつづけるつもりです決してやめません。

Finding a job in Taiwan is not too hard, but in terms of a good one, it is.

Taiwan is famous for its technology, chips, semiconductors, and OEM manufacturing, you name it, even your iPhone is assembled by Taiwanese companies.

Sadly, the average wage is quite under the line in Taiwan, well, it’s not a top secret, and maybe because of the nature of Taiwanese people, most laborers are diligent and obedient than many other countries’; that means, employers can pay lower salaries and get the most use of the employees, what a bargain! And what’s more, Taiwan is full of technology talents. I’d boldly say hiring a Taiwanese engineer is one of the best deals. However, the biggest weakness of those workers is the short of international vision, I’ve heard too many times that lots of my talented friends are limited by their language skills; Taiwan is a bit unlike other well-developed Asia countries, for some reason, though it’s improving, it doesn’t have enough global diversity in the society.

Enough complaints, let’s dive into the job hunting part. In Taiwan, many of the students would have an internship during their third-year to final-year of university, after graduation, they start looking for their first full-time job. 104, 1111, and 518 are the famous job-searching websites, (all of their names are numbers, very interesting) for most of the small-medium sized companies or corporations, they pay some fees for those websites to advertise job listings. Also worth noting, as I have applied for many companies, either foreign or domestic ones, headhunting is not very popular in Taiwan, there are few dispatch work agencies that you might have heard of, but I rarely see people do headhunting compared to other countries, I’m by no means an expert in this field, but my assumption is Taiwan is geologically small, business owners can easily reach out to the potential employees, and oftentimes, those companies would rather have their own HRs.

Recently, there are also some fast-growing startups in the job searching canvas, for example, CakeResume, Yourator, Meet.jobs, those are much more targeting on younger generations, either young talents or startups, and have a broader point of view about globalization and working styles, for instance, it’s more likely to find remote options on those emerging websites rather than on 104.

So far this is just my personal insight as a millennial in Taiwan, like many others, struggling and keep moving toward the career goal, and hoping to essentially fulfill the deepest inner needs of the meaning of work. There is still a lot of unfair hierarchy in terms of the workforce. As younger workers we might lack experience, but we should learn how to defend our rights; pursuing a job is not begging, we provide our time and skills, it is our job to enhance the value and we deserve adequate compensation in return, to make a better balance for the workplace and society. We’re trying, and we never stop.