こんにちは。アップリズム代表の内田です。クライアント様からのFAQにお答えするシリーズ。

「外国人を迎えるのが初めて」の会社が気になるのは、以下の質問です。

外国人と働くのってどんな感じなんですか?

はい、この質問については当社の具体例について説明させていただくのがベストかもしれません。当社マーケティング担当の加藤さんが「外国人といっしょに働いてみた感想」を披露してくれます。案ずるより産むがやすし。互いに何にたいして歩み寄ることで、みんなが幸せになれる職場をつくることができるのかという点についてのヒントになったらうれしいです。

今回は、外国人と一緒に働くことで、感じたことを日本人である私が書きます。

 日本で学んだり働いたりする外国人が増えています。そんな状況にも関わらず、まだまだ日本人と外国人との間には距離が出来ています。私はそれを不思議に思います。

 私が長く働いていた観光業界には、多くの様々な国籍の外国人がいたので一緒に働く機会がたくさんありました。日本の大学を卒業して、日本語が堪能な外国人とは、同じチームメンバーとして一緒に仕事をしてきました。日本語が挨拶程度しか話せない外国人の方々とは、違うチームでありましたが、仕事面で不明なことがあれば、日本語や英語で聞いたりしていました。こちらから相手に歩み寄れば距離は少しずつなくなっていくと私は思っています。

  では距離が出来てしまっている一番の原因はなんでしょうか?それは、「言語」や「生活習慣や文化の違い」に対しての壁ではないでしょうか。外国人と一緒に働くことで、言葉だけなく、仕事に対する考え方や宗教面でのこだわりなど、日本人同士では馴染みがない出来事に触れる機会が増えるためと考えられます。しかし、これは外国人だからの問題なのでしょうか?

日本人同士であっても、年齢や性別、出身、今までの経験や職歴によって、自分との違いを感じ戸惑うことはありませんか?「お互いの違いを認める」、これは私たち日本人の間でもよく言われている言葉です。外国人においても、その違いを認めることで、壁を乗り越えることができると思います。

言葉の壁はすでに超えられつつあると思いませんか?翻訳機が日々進化しており、正確な翻訳が可能になりました。翻訳機を使えば、相手の話していることやメールの内容がわかり、困ることはありません。これで、言葉の壁は超えられたのではないでしょうか。翻訳機を使わずもっと気軽に話したいと思うなら、英語の勉強をしたらいいと思います。同じ職場に外国人がいれば、英語を学び、使えるチャンスができます。こんなビッグチャンスを逃すのはもったいないです。

言語の勉強については、外国人の方にもお願いがあります。日本のことが好きで、日本に住み、日本の企業で働くのであれば、日本語の勉強をして下さい。日本人に歩み寄る努力をしてほしいです。日本語が少し話せるだけでも、日本人との距離は変わります。

日本人からも率先して、出身国のことや好きな食べ物、映画、音楽などを聞いて下さい。お互いのことをよく知ることで、コミュニケーションがしっかりとれ、職場環境も良くなると思います。これも、外国人だからではなく、日本人同士でも重要ですよね。結局は、日本人も外国人もそう変わりません。

外国人と日本人との共生社会の実現が、そう遠くない未来であることを私は信じています。