おはようございます。今日は2020年4月29日。コロナ真っ只中で迎える初めてのゴールデンウィークです。あ、二回目があっても困るかな!(←数年語にこの記事を見たときに思い出せるように書いてみました。)

目次

  1. やっぱりコミュニケーション&コラボレーション・・・
  2. ゆるキャラ

やっぱりコミュニケーション&コラボレーション・・・

今となってはリモートワークは仕事の場所という意味ではここ2ヶ月間ですっかり定着した感じがします(ハンコ問題とかはあるにせよ・・・)。
しかし、その昔、と行っても2017年は、リモートワークではチームワークが難しく、新しいことは起きにくい、というテーマは議論されてきました。

アメリカYahoo!では、当時のCEOマリッサ・メイヤーは、チーム内コミュニケーションが悪くなることを懸念して、リモートワークを原則禁止にしたのは、覚えている方も多いかもれませんね。他にもLINEさん、米国 IBMなども似たような理由で非推奨派のようです。

インターネット検索大手・米Yahoo!では、すでに在宅勤務を中心としたリモートワークを廃止しています。その理由として、チームでのやり取りが少なくなることで作業効率が低下する恐れがあるという点が挙げられています。
なお、米Yahoo!のCEO、マリッサ・メイヤー氏はリモートワークの禁止の理由について、物理的に一緒の場にいることで生まれる偶発的な「コミュニケーション」や「コラボレーション」の重要性を主張しています。

会社の数だけカルチャーがある?あの会社がリモートワークを推奨“しない”理由みなさんの会社では、リモートワークで働くことはOKですか?それともNGですか?これまでFledgeでは「リモートワーク」にfledge.jp

でも、いまは基本がリモートです。コミュニケーションとコラボレーション・・・。リモートワークではどうしたらいいんでしょうか?

ゆるキャラになる

理論的なことは機会があったら触れるとして、まずは私の体験をシェアさせてください。というのは、ついこの間もWeeklyミーティングでいいアイデアが続出しました。感動しちゃいます。私のところはコミュニケーションとコラボレーションという意味では、割とうまく行っています。(チームのいいアイデアをエクゼキューションのは私の仕事です、がんばろ (頑張る以外にKPI立てて仕事も可視化しなきゃ!)( ´ ▽ ` ))

みうらじゅんさんによるとゆるキャラとは、

「郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性がある事」
「立ち居振る舞いが不安定かつユニークである事」
「愛すべき、ゆるさ、を持ちあわせている事」

みうらじゅん、”ゆるキャラ”命名に込めた思い語る – 最近の注目は”ゆる人”“ゆるキャラ”の名付け親としても知られるイラストレーター・みうらじゅんが、8日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナnews.mynavi.jp

私、ゆるキャラ度高いタイプで友達からもそのようにいわれます。典型的なCEOのイメージ(そんなひといないかも知れませんが)からはかなり遠いです。ベンチャーキャピタルのアソシエイトさんが仮に私をABCDEで評価するとしたら「C」をつけられそうなタイプです。大して頭もきれないと思います。あの人リーダーシップあるね!と言われるような人間でもありません。世界を変えると断言して世界を変えるためになんでもやる、というタイプでもありません。ただ、そこにいると笑いがあって、ゆる〜い空気が流れるような人間です。そんなキャラであることがチームのコミュニケーションに効いていると感じる瞬間が実は多々あるのです。

ゆるキャラだから、チームのメンバーがその役割からビシーーーっと意見を伝えてくれる、スケジュールが遅れていたら催促してくれる、プロジェクトについて心配に思っていることを相談してくれる。正直いうと、わたし頼りにしています。でも、エクゼキューションはわたしの仕事。私はチームの意見をしっかり拾って、プロダクトとして機能するする方法を考えるといったところでしょうか。チームのみんなは素晴らしい才能を持っています。彼らのゴッドマザーとしてできることをする・・・・気持ち的にはそんな心境で毎日過ごしていて、それなりにうまく組織は動いています。

リモートワークのコミュニケーションではゆるキャラになるというやり方がうまくゆくかも、というお話でした。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。