Uprithmについて

Uprithmについて

ビジョン

ビジョン
どこにいても世界中の人とコラボレーションして新しい価値を生み出す世の中を作る。
現在、LCCの格安チケットで旅に出ることがでいます。海外にいる友達や家族の元に飛行機で飛んで会いにも行ける、そんな世の中です。海外にいる人材と一緒に働くことだって可能なはず。やってみませんか?
世界中の才能ある人材が力を出せる場所とチームで働ける世の中を目指します。120%の力を出して、同僚や顧客と働き、目の前の世界を変えることは可能なのです。
私たちは、日本を拠点としている、グローバルなメンバーのチームです。就労の文化について一番の課題先進国日本から次世代の職場・コラボレーションのあり方を提案して参ります。

ストーリー

ストーリー
創業者である内田光紀は、鉄工所、華道教室、半導体パッケージングの起業家の家族に囲まれて、常に新しいものが生み出され、日本と海外の間での活発なやりとりが行われる現場で幼少期より育ち、自らも新しい価値を作りながら日本と海外の間で取引をしながら、コミュニティをより幸せにすることを目指してきました。
そして、1998年に日本で法律の学位を取得した後、特にこれといった分野を決めることなく、日本企業にて技術提携担当者として働きはじめました。日々仕事と向き合う中で、彼女は経済が減速し、母国日本の活力が失われている事実に気付きました。なんとか日本企業と海外の技術をつなぐために必死の思いで働きましたが、彼女の愛する国の状況は悪化している事実を痛感することとなりました。何年もの間、彼女自身、彼女の友人、そして専門家に理由を尋ね続ける中で、とうとう「日本は世界へのビジネスの架け橋を失いつつある」という答えを得ました。
それを機に、内田は「ビジネスを通じて日本と海外を自分で再接続する新しい橋を建設すること」を目標に活動を始めることにしました。目標を日々追求する中で、彼女は日本がエンジニアの極端な不足にあるという事実を知りました。そこで,内田はすぐに、「海外エンジニアと日本をつなぐ」というソリューションを閃きました。それが私たちUprithmです。多くの方々にご共感いただき、現在では台湾とインドとの間でコネクションを構築しております(2020年3月時点)。

メンバー

メンバー

内田光紀
Founder, CEO

日本と世界をつなぐのが専門。5,000件以上の技術移転取引にかかわる。ニコンのオープンイノベーションシステム構築チームに参画。科学技術振興機構SCOREプログラム推進委員。テンプル大学法学修士、同EMBA

プラシャント
Lead Engineer

ソフトウェア開発経験5年特にスケーラブルなインフラストラクチャと直感的なユーザーエクスペリエンスが専門のフルスタックエンジニア。東京工業大学システム制御専攻、国際物理オリンピックメダリスト。

ジュディ
UX Designer

ビジュアルデザインが専門でweb開発がパッションのデザイナーUberのCreative Assistantを経験英国エディンバラ大学卒業

マオ
Project manager

東京工業大学にて工学を専攻。学内の留学生と日本人学生の交流の場を作る学生団体に所属。現在は,学内の留学機運を高めるための学生団体を立ち上げ中。ドイツに1年間の留学経験あり。