こんにちは、ウッチーです!

「うちの会社、風通しがいまいちで・・・」、というご相談を時々承ります。数千人規模の組織だったらさもありなんと思うところですが、100名前後の会社さまでも風通しでお困りになっているケースはありますね。私も大手企業に勤務していたころは、よく同僚とぼやいたものです。

風通しについて一つ気を付けておきたい概念があります。それは、風通しがよいとしたら、職場はどんな風になっていますか?チームのみんなはどんな風に働いていて、何が達成されていて・・・、というとても具体的なイメージです。

そのイメージを実現するために、風通しはどの程度必要ですか?まずそこから立ち上げてゆくと見方が変わることもあるかもしれません。

ちなみに当社は風通しがよすぎる職場!?といいますか、私はひよっこCEOなので、チームのみんなから諫められることが大変多くございます。きっと心配させてしまう瞬間があるのだと思ってます。(聞いてないけど・・・。こんど聞いてみよう。)注意されたら素直に聞きます。みんなが指摘してくれることは、もっともなことばかりなのです。自分の段取りが悪かったのなら段取りを改善する、コミュニケーションが問題だったのならば、伝え方を変える。その積み重ねですね。そうやって注意してくれるみんなには日々感謝の気持ちでいっぱいです。これからもまずいことがあったら、ずっと注意してほしいと思います。

うちのチームのみんな 右上のボーダーが私

しかし、これは当社にあったやり方であるという点です。コロナの前から完全リモートワークで、メンバーは専門性に基づいて仕事をしていて、英語が会社の公用語という環境です。将来、状況がかわったら、コミュニケーションスタイルもおのずと変わってくると思います。作りたい職場のイメージは変わりません。思いやりに満ちて、みんなが自分の得意技を活かして働いている職場、Work beyond the distance, communicate from heart to heart. です。

みなさんは、どんな職場を作りたいですか?

P.S. 作りたい職場についてディスカッションしたい経営者様、人事担当者様、ただいま30分無料相談会を実施しております。お問合せフォームよりお問合せください。