こんにちは。Miki-sanです。月曜日です。今週も集中を切らすことなく、お仕事をしてまいりましょう!

さて、今年のGWからblogを書き始めて丸3ヶ月が経過しましたので、今までの経験を振り返ってみたいと思います。私、ダイレクト出版さんのファンでございまして、歴史ものからマーケティングものまで時々購入しております。ダイレクトさんのメッセージの一つに、「集客には予算をかけないとだめ!」というものがございます。私もこの考えには賛成なのですが、無料のブログも悪くないぞと思うことはいくつかあるので、今日はそのうちの3つをシェアしたいと思います。

その1 文章の練習になる

文章執筆はとにかく数稽古です。私の初期の文章は本当に下手くそでございました。当初は表現もギクシャクとしておりましたが、最近は自然な言葉でかけるようになってきた気がします。

そして、文章は構想力。書き始める前に簡単に構成をいたしますが、それが頭の整理に繋がっているようなのです。

その2 ペースメーカーになる

一日に30分を執筆に費やせるかどうかというのは、その日の仕事のバロメーターになります。執筆ができない日に限って生産性が悪かったりします。私には文章をかける余裕というのが全体の仕事もスムーズに回す上で必要と学ぶことができました。私のポストが随分とご無沙汰してしまいましたら、生産性が低くなっているサインかもしれません。

その3 信頼度UPに繋がる

昨今の打ち合わせはZoomが多いですよね。あるときから初めてお目にかかる方が画面越しにニコニコし始めたのです。気がついたのです。皆さんblogを読んでくださっているのです。笑顔から始まる会話なので、打ち合わせも和やかに、余計な説明をすることもなく、スムーズに流れてゆきます。ブログなしのランディング・ページのみの時代にはこうは行きませんでした。

以上は当たり前のことばかりかもしれませんが、週報や日報にも共通するものがあるかもしれませんね。機会があればお試しくださいませ。

P.S. 週報がかったるい部長さんへ、素敵なチームを作って週報作成で悩むのやめませんか?ただいま、30分無料Zoom相談会を実施中。お問い合わせをお待ちしております。

Home