風通しの良い職場するには・・・

 僕も、アップリズムの就業規則を作るのにほんの少しだけ関わらせていただいたのですが、皆さんは、就労規則が従業員の目の届くところに置いてありますか?ご存知だとお思いですが、労働基準法第106条によって就業規則は、見やすい場所への掲示、備え付け、書面の交付などによって労働者に周知しなければならないとされています。

 でも、現実には、就業規則が従業員に対して、開示されていない、という話を当社代表の内田はちらほらと聞くらしいんですよね。

ドキリとしたそこのアナタ!?以下を読んでいただけると嬉しいです。

 やはり、従業員の方達の中には、同じ仕事をしているのに隣の同僚の方が給料が多いのだろう?なぜ、休日がこんなにも少ないだろうと感じている方達もいると思います。

さぁ、就業規則を読ませてみよう

 仮にそのような従業員の方がいたのならば、是非もう一度就業規則の存在を教えてみるのは悪い手ではないと思いますよ。

もう一度従業員の方が就業規則に目を通してもらえたらきっと納得してくれるのではないでしょうか。(もしも、就業規則と実態とがかけ離れていたら、それはちょっと考えた方がいいかもしれません。)

ウチの会社だと・・・

当社アップリズムでは、フレックス制を採用しており、多種多様な国の人間の一人一人のライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を採用しており、私自身も試験勉強中なのですが、とても融通を利かせて頂き、とても働きやすい環境です。(ブログを書いている僕がこのようにかいたら、若干ヤラセ感あり!?)

というのは、当社代表によると、就業規則は会社と従業員の信頼を作る基本ツールとのこと。だから、皆が、働きやすい形の就業規則を作り、適正に運用して、社風作りを一歩ずつ進めているということのようです。

そんな職場づくりに興味のある方は是非こちらの問合せフォームからお問い合わせください!