こんにちは。ウッチーです。

大手企業を中心として新規事業や起業を志す人たちのハートを挫く要因として「日本は失敗を許さない文化である」なんてことは結構指摘されたりしますね。

失敗した場合に困ることを分解してみると・・・

◻︎ 独立起業家の場合、銀行から借金をしている人であれば連帯保証からの破産、生活再建が困難
◻︎ 株主や取引先からの信用を失う
◻︎ 社内起業家であれば出世の道を閉ざされる

確かにこういう現象が起こったら確かに困るかもしれませんが、回避する方法もありますね。
確かに失敗を許さない文化というのは課題ではあります。ですが、もっと重要な課題は、失敗を反省していないということだと最近気が付きました。

失敗は失敗です。
なかったことにはできません。
そんな国はどこにもありません。

失敗したら、反省しよう!

なぜこのようなことになってしまったのかしっかり考え次回はこういうことのないように対策を立てるということです。
巻き込んだ人たち、ご迷惑をかけた人たちに心から申し訳ないと思うこと。お詫びをきちんとすること。

私もどれだけご迷惑をおかけしてお詫びができていなかったか、、、そして、反省ができていなかったことか。今気が付くことができ、すこし遅かった気もしますが気がつかないよりは全然良かったと思います。

最初に紹介した新規事業の失敗を許す許さない云々については、失敗した時の反省が含まれていないような気がしてしまうのです。

反省してなくて失敗を許してほしい人、いますか?

きちんと反省をしたのならば許してもらえることもある、かもしれません???

それではまた。良い週末をお過ごしください。

P.S. 思いやりあふれる職場を・・・
「失敗したひとに思いやり!?」
それも可能です。

もっと深い話をしたいかたは30分無料相談で・・・。お問合せフォームよりご連絡おまちしております